NISSHINBO

サイト内検索

商品開発

「環境・エネルギー」「健康・快適」をキーワードに、新しい“機能”を生み出しています。

「環境・エネルギーカンパニー」としての責任

人類の未来は、私たちの温暖化阻止をはじめとする環境・エネルギーへの取り組み如何にかかっています。企業公器を経営理念とする日清紡グループは、環境負荷物質の排出削減にとどまらず、省エネルギー・温暖化阻止に寄与する製品群を提供する「環境・エネルギーカンパニー」を目指すことを使命としています。
日清紡テキスタイルは、「環境・エネルギー」を第一のキーワードとして商品開発を推進し、社会に貢献していきます。そして、そこから得られる「健康・快適」を次なるキーワードとして、消費者の皆様に貢献できるモノづくりを目指します。「私たちに与えられた地球環境を、次の世代により良い状態にして引き継いでいく」――この使命を果たすために、私たちは努力を惜しみません。

開発コンセプト
開発コンセプトの図

たゆまぬ新商品開発と市場投入

「環境・エネルギー」「健康・快適」というキーワードを掲げて事業を展開するには、それらを実現する商品開発体制が重要となります。日清紡テキスタイルは、社会に、そして消費者の皆様に貢献できるような新たな素材や機能の開発に積極的に取り組んでいます。
日清紡ホールディングスの研究所とも綿密に連携しながら、藤枝事業所(静岡県藤枝市)において紡績・織布・不織布技術分野、吉野川事業所(徳島県吉野川市)において繊維全般、徳島事業所(徳島県徳島市)においてモビロン・エラストマーの商品開発を推進しています。また、海外生産子会社にも開発スタッフを配置し連携することでスピーディな開発を推進しています。国内のマザー機能を高め、技術やノウハウを国内外の生産拠点で展開し、他社との協業も含めたグローバルネットワークで競争力の強化を図っています。

商品開発体制

商品開発体制の図

吉野川事業所

繊維事業の最もコアな技術要素である様々な加工の開発のほか、「環境・エネルギー」「健康・快適」「高機能・高性能」で社会に貢献する繊維全般の商品開発を推進しています。

吉野川事業所の写真

徳島事業所

「モビロン・エラストマー」は、徳島事業所のポリマー研究と独自開発の技術から生まれたオリジナリティーの高い商品です。

徳島事業所の写真

藤枝事業所

マーケットで最上級品と評価されている「綿不織布」は、独自のノウハウによりその技術を蓄積した商品開発を行っています。

藤枝事業所の写真

ページTOPへ